プレス加工品をロット分けすることができ、夜間の無人運転で稼働率が向上します

COUNT RECEIBO カウントレシーボ     タカヒロ技研
会社概要 お問い合わせ
HOME 導入メリット 特徴 仕様 省力化事例 よくあるご質問 プレス技術
カウントレシーボ導入で33.3%省力化を実現
生産性が3倍
すべてのプレス機にカウントレシーボを導入した結果、夜間の無人運転が可能となり、生産数は51.2%に増加した。 夜間だけでなく、日中も計数、ロット分け作業を自動化してくれるので、プレス担当者がプレス機の前から開放され、プレス担当者1名を他の作業に振り分けることができた。

塑性加工
塑性加工
塑性加工はその材料の持っている可塑性を利用して、この弾性限界を超えた変形加工を施して求める形状を得る加工法。
環境への配慮という観点からカウントレシーボを構成する・・・・・・
夜間の無人運転で、製造ラインの稼動が大幅にアップ!
プレス加工製品の多列取り工程にも対応できるので生産能力が大幅に アップできる。
不良品選別作業・抜き取り検査の時間が大幅に短縮でき、省人化が できる。
得意先のトレーサビリティに対応できるから信頼感が高まり、信用アップができる。
異種・異物混入がないので、検査時間が短縮できる。
ロット管理ができるので、廃棄ロスを最小限に押さえ製品歩留りが上がる。
     
会社概要  お問い合わせ  リンク  サイトマップ  プライバシー   Copyright(C) 2006 TAKAHIRO GIGEN CO.,ltd. All rights reserved.